20代から使いたいヘアケア用品

  • 投稿日:
  • by

20代なら、シャンプーなんてどんなのでも構わないでしょ、という方は、ちょっとここで立ち止まって、考えてみましょう。まわりに入る女性で、例えばお母さんやおばあちゃんは、あなたの理想の髪質、ボリュームを保っていますか?

 

もし自分の家系の女性が髪のボリュームや質感で悩んでいたら、自分も近い将来同じようなヘアスタイルになると思ってもよいかもしれません。そしてそうならないためには、なるべく早く、そう20代から健康なヘアを保つためのヘアケアに力を入れ始めるべきなのです!ここでは、20代から使いたいヘアケア用品について、ご紹介しています。

 

 

〇ノンシリコンシャンプー

ヘアカラーやパーマで髪がダメージを受けているのであれば、ぜひとも使いたいのが「ノンシリコンシャンプー」です。ノンシリコンシャンプーは、頭皮の毛穴をつまらせないなど、薄毛に強いシャンプーとして知られているかもしれませんが、それ以上にダメージヘアにシリコン入りのシャンプーを使っていると、シリコンがいずれ剥がれるときにキューティくるも一緒に剥がしてしまい、髪のダメージが進んでしまうという大きなデメリットがあるのです。そのため、20代から予防的な意味も含んで、できればノンシリコンシャンプーを選んでみましょう。

 

〇スカルプケア用ブラシ

シャンプーする際に使用できる、スカルプケア用ブラシは、頭皮を柔らかくし、血行を良くしてくれます。使うと気持ちがよく、さっぱりもできるので、髪年齢を気にするには早すぎる20代でも使い始めることをお勧めします!ヘッドスパを自宅でしていると思えば、安い投資と思えるハズ。1000円前後で購入することもできますしね。

 

〇ヘッドスパ用クリーム

各メーカーから発売されている、ヘッドスパ用のクリーム。要するに地肌のための美容液のようなものですが、20代から地肌の健康に気を配っていれば、30代40代と年を重ねても白髪、抜け毛に強い地肌を育てることが可能になるのでは?

 

「まだ20代だから」とは言わず、20代の今だからこそ、始めてみませんか?

 

epilation-inhibitor.com    

20代のアンチエイジング化粧品

  • 投稿日:
  • by

20代でアンチエイジングなんて、まったく気にしていない、または20代でアンチエイジング用化粧品なんて早すぎると思われる方も、多くいらっしゃるかもしれませんね。ところが、20代でアンチエイジング用の基礎化粧品を使うことが、ずっとキレイな若々しいお肌を維持するポイントなのです。ここでは、20代の方が意識したいアンチエイジングの基礎化粧品について、ご紹介してます。

 

<こんな基礎化粧品がお勧め!>

・紫外線をカットしてくれるもの

皆さんご存知、紫外線をずっとお肌に浴び続けると、シミやシワ、たるみを引き起こしてしまいます。腕よりも二の腕の裏側のお肌は白く、きめが細かくないですか?これが、紫外線を浴びているか、浴びていないかの差なんですね!紫外線を浴びることで、メラニンを活性化させてしまったり、またコラーゲンの量が低下してしまったりするものです。

 

紫外線はUV-AとUV-Bの2つの種類があり、できれば二つに効果的に働きかけてくれるものがベスト。特にUV-Aはお肌の奥深くでコラーゲンとエラスチンにダメージを与え、ハリを失わせてしまいます。UV-Bはシミそばかすの原因になるといわれているため、やはりこの2種類のお肌を守ってあげることが大切ですね。

 

・酸化を防いでくれるもの

活性酸素が体を錆びさせるといわれていますが、これは防ぎようがありません。ただし、これに対してアプローチしてくれる抗酸化作用のあるものを選ぶことで、お肌の弾力定価などをある程度予防することはできるといわれています!

 

・乾燥肌対策

お肌のうるおい成分は、20歳をピークに減る一方になっていきます。肌の乾燥は、たるみやシワの原因になるため、撰度などが含まれた保湿化粧水に注目してみましょう。

 

20代では、「紫外線カット」と「保湿」は最低限でもアンチエイジングのために行っておきたいことですが、これに抗酸化作用のある基礎化粧品を追加することでさらに美肌を維持できるのではないでしょうか?「まだ20代」ではなく、「もう20代」と考えることが大切なんですね。

20代から老化は始まっている

  • 投稿日:
  • by

「アンチエイジング?わたしには関係ないな、だってまだ20代だもん」なんて、あまり自分の体のメンテナンスをしていない20代の方!実は、20代でも老化は始まっているんです...。

 

「20代で老化っていっても、25歳より上でしょ?アラサーの話?」と思われてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、20代前半から、老化はスタートするのです。ここでは、20代の老化について調べてみました。

 

<20代で老化の原因は何?>

20代でも老化が始まる原因は、ストレスや紫外線など、細胞が参加してしまうからなのです。人間は年を追うごとに、活性酸素が細胞を参加させていき、体中、体の中から外も含めて、機能を低下させ、結果として「老い」となって表れてしまうのですね。

 

皆さんご存知、活性酸素は酵素で除去できるといわれていますが、20代になると体の中で作られる酵素の量が減ってしまうため、活性酸素を除去するのに足らなくなってしまうのです。さらに、20代からはホルモンの分泌量も徐々に低下し、成長ホルモンなども徐々に減ってしまいます。10代ではぐんぐん成長するのに、20代では成長が止まってしまったように見えるのは、成長ホルモンの仕業でもあるのです。

 

<老化には個人差アリ>

同じ年齢でも、若く見える人、老けて見える人がいるのは、老化には個人差があるから、といえるのです。その人の生活習慣や食生活の違いで、細胞が酸化するのを防いで遅くしてくれたり、またホルモン分泌が活発になる場合もあるのですね。

 

夜更かしばかりして、顔には化粧を付けたまま寝ていたら、お肌の老化は夜更かしをせず、お化粧はきっちり落として寝る人よりも早く訪れるといえるでしょう。生活習慣次第で、活性酸素を減らすこともできますので、面倒でも老けたくない人は努力しましょう。

 

また、食生活では、ビタミンAやビタミンC、ビタミンEが豊富に含まれる食品を意識して摂取してみるのもお勧めです。さらに、外に出るときは晴れていなくても、冬でも日焼け止めを塗るなど、お肌を保護してあげるよう心がけましょう。